野良猫餌やり、加藤・元将棋名人に慰謝料204万円命令

(朝日新聞 2010年05月14日)

 将棋の元名人、加藤一二三(ひふみ)・9段=東京都三鷹市=が、自宅の集合住宅で野良猫に餌をやり続けたため悪臭などの苦痛を受けたとして、近隣住民らが、加藤さんに住宅敷地内での餌やりの中止や慰謝料など約640万円の支払いを求めた訴訟の判決が13日、東京地裁立川支部であった。市川正巳裁判長は、原告住民側の訴えを認め、加藤さんに集合住宅敷地内での餌やりの中止と慰謝料204万円の支払いを命じた。

 加藤さんは「猫に長く生きてもらいたいと思ってした行動なのに、理解できない」として控訴する方針。

 原告住民と加藤さんは、三鷹市内の同じ庭付き高級テラスハウスに居住。裁判では、「動物愛護」の精神による餌やり行為が、集合住宅における他の居住者の「人格権」を侵害するかどうかが焦点となっていた。

 判決によると、加藤さんは1993年ごろから野良猫に餌をやり始め、周辺に現れる猫が18匹になった。2002年には庭で生まれた子猫6匹について、餌をやったり、猫が凍死しないように玄関前などに段ボールやバスタオルを置いたりした。不妊去勢手術をしたため、現在は4匹にまで減ったが、原告住民らは、猫のフンの始末を余儀なくされたほか、洗濯物ににおいがついたり、車に傷をつけられたりした。

 市川裁判長は判決の中で、「猫には、餌やりだけでなく、段ボールを用意してすみかを提供しているのだから、『飼育している』と認めるべきだ。猫は原告住民に様々な被害を及ぼしており、『迷惑を及ぼす恐れのある動物を飼育しないこと』と定めた管理組合の条項に違反し、住民らの人格権を侵害する」と慰謝料の支払いを命じた。

 加藤さんの「猫は『迷惑を及ぼす恐れのある動物』にあたらない」との主張には、「小鳥や金魚は含まれても、小型犬や猫は含まれない」と判断。そのうえで「動物は家族の一員、人生のパートナーとしてますます重要になっているが、集合住宅にはアレルギーの人もおり、人と動物との共通感染症への配慮も必要。犬や猫の飼育を認めるようにするには、集合住宅の規約の改正を通じて行われるべきだ」との考えを示した。

 判決について原告の管理組合の島谷清理事長(85)は「率直にうれしい。動物愛護だからといって、ルールを無視して個人の意思を押しつけることはいけない」と述べた。

 一方、加藤さんは「命あるものを大切にする私の信念は変わらず、餌やりも住宅の敷地外で今まで通り続けたい」と話した。(杉浦幹治、三浦英之)

 

 

メニューに戻る


  プロフィール  PR:無料HP  免許合宿  プログラマー 専門学校  タイヤ 価格  中古ホイール 富山  タイヤ  Webディレクター 専門学校  パーツオフ  開運パワーストーン  児童心理学  投資顧問ベストプランナー 評価  エルグランド 中古  シアリス 通販